Language
English 中文 日本語 한국어
台灣へ万卷楼師弟曲「三国文化」の源を探る
時間:
2017.07.21
人数をブラウズする:
237
分かち合う:

7月5日午后5时ごろ、成都から出発したバスバスは南充の风景区の万巻阶の景観区に到着し、121人は台湾の「第8期台湾学生の日府キャンプ兼三国文化の旅」を开いている」と述べた



1_副本.jpg

「三国文化の旅」に期待を満たしている

このイベントに参加した学生にそれぞれ121人、台灣から新竹県、高雄市、彰化県などの学校。「三国文化」は台灣で津々浦々に知れ渡っていて、活動の前で、教師と学生たちが知ったこのイベントは「三国誌の文化」をテーマに後にも感動して実地見学理解できると思って「三国文化」の発祥地万卷楼、自らに張飛かつて鎮守の阆中古城、三国物語を聞いて、みんなは今回の旅行を楽しみにしています。



9_副本.png


21153747984.png

台灣の師弟感じ南充「三国文化」

万卷楼の観光地区は今回の活動は南充の第1駅で、それは「三國志』の作者陈寿読書、学問の場所だけでなく、国家4 A級の観光地、四川省の風景名勝区は、「三国文化」国際シンポジウム永久会場で、その美しい自然の風景と重厚な歴史文化遺産を引きつけている各地の観光客。見学万卷楼以外に、台灣の師弟を見学阆中古城、張飛廟など三国文化の観光地で、三国の文化学術講座に参加して、および南充学生交流学習、充分に味わう南充の風土と三国文化。


4_副本.png

3_副本.jpg

南充活動時間が最も長い一番内容が充実

当日の天気は非常に暑いが、万卷楼観光地区内で、緑の芝生、鳥がさえずり花が香る、至る所に見えるのは涼。台灣からの先生と学友達はキャスターの指導の下で、やぐらを見学した公祠、陈寿旧居、万卷楼パビリオンなど、すべての1か所の名所を聞いて、みんなに注意し、カメラ取り出して、携帯電話が写真を撮る記念写真。一時間半の旅へ万卷楼と「三国文化」の淵源のより深い理解。


8_副本.jpg


5_副本.png


「台灣の学生天府夏キャンプ」イベントを開催した七回連続で、同活動促進した四川省、台灣は靑少年の交流を深め、両地の学生の間の友情を増進し、信じて、この何日の交流学習、大美四川はきっと彼らに忘れられない思い出。